money-animation-dorama’s blog

漫画、アニメ、ドラマなど紹介します

スマホゲーム「マダミスJ」紹介 役職の説明と立ち回り方法を解説!初心者必見!

 

今日は私がめちゃくちゃはまって毎日やっている

スマホゲームについてご紹介したいと思います。

 

その名前は「マーダーミステリーJ 殺人犯はそばにいる

(略してマダミスJ)

SORAIRO(ソライロ)という会社が作っている

スマホゲームです。

 

この記事ではスマホゲーム「マダミスJ」について

ご紹介したいと思います。

 

 

f:id:akidai61:20220406213258p:plain

マダミスの概要

マダミス(マーダーミステリー)は

自分たちの命を狙う犯人をつきとめて屋敷から

追放することを目標とする一族陣営(村)と、

一族陣営を皆殺しにすることを勝利条件とする

殺人犯陣営(人外)に分かれて戦う戦略ゲームです。

 

あるモブという人物の屋敷が無人島にあり、

多くの人がそこでのパーティに招かれます。

モブと血縁のある一族たち、記者、客人、警部など

そしてモブに恨みを持つ者たち。

 

しかしその晩、屋敷の主人であるモブが

何者かに殺害されてしまいます。

 

屋敷の主人であるモブに仕えていたマネージャは

犯人を知っています。

実はモブはひどい外道で多くの人に恨みを買っていました。

なのでモブを殺した犯人の気持ちもわかるマネージャは

一族に犯人を自分で教えるつもりはないのでした。

 

そこでマネージャーは屋敷にいる人たちに

ゲームをしようと持ち掛けます。

 

毎晩告発の時間を与えるので、そこでマネージャーに

誰が犯人でどの凶器を使って殺害したかを

伝えることができます。

ただし、一族といっても顔を合わせていないので、

お互い誰が一族なのか知りません。

正解だと、犯人はマネージャによって、拳銃で処刑されます。

しかし不正解だと告発した人間は屋敷から追放されます。

犯人側は誰が犯人で、どれが凶器かばれないように

夜に一族側を殺害していきます。

ただし、犯人は誰が一族なのかわかりません。

一族側が告発失敗で追放されるか、夜殺害されて、

全滅すれば犯人側の勝ちです。

もしくは決まった期限内に犯人が告発されない場合も

犯人側の勝になります。

 

基本プレイはすべて無料です。

キャラクターのアイコンの有料版に変える

途中に流れる広告を見ないようにするには

課金する必要があります。

 

プレイするうえでは課金の有無で有利不利は全く

生まれません。

 

私も課金してないし、する気もありません笑

 

マダミスの役職1
(一族陣営)

一族

f:id:akidai61:20220406205425j:plain

 

他の一族が誰かは知らない。

犯人もしくは犯人陣営の人間を告発して

正解ならば追放することができる。

夜は一回だけ部屋から抜け出して、

他の部屋に行くことができる。

  • 告発→可能
  • 犯人に遭遇→殺害される
  • 他の部屋のアイテム確認→可能
双子の一族

必ず二人ペアで屋敷に入る。

双子同志だけお互いが一族であることを

知っている。

味方を一人初めから知っている分、

普通の「一族」よりも情報が多い。

夜は一回だけ部屋から抜け出して、

他の部屋に行くことができる。

ただし、「後追い」という設定があり。

「後追いあり」に設定していると、

夜に犯人の襲撃で双子の一族の一人が死んでしまうと、

もう一人の双子の一族も自殺してしまう。

ただし告発失敗して片方の一族が追放されても

もう一人の一族は追放されない。

  • 告発→可能
  • 犯人に遭遇→殺害される
  • 他の部屋のアイテム確認→可能

華麗な一族との区別のために

ノーマル族、略してノマ族と呼ばれることが多い。

 

一族でプレイした動画を下記で公開しています。

よかったら見てください。

www.youtube.com

 

華麗な一族

f:id:akidai61:20220405010822j:plain

他の一族が誰かは知らない。

犯人もしくは犯人陣営の人間を告発して

正解ならば追放することができる。

夜部屋から抜け出せる回数は、2~4回

(屋敷により個々に設定できる)

一族の中では一番生き残りやすいため、

一族陣営にとって最後の砦になることが多い。

 

華麗な一族が追放されるまたは死亡すると

一族陣営の勝利はかなり難しいので、

告発も凶器探しもせずにとにかく最後まで

生き残ることがみんなに期待される。

 

一族側で一番胃が痛くなるポジションですね 笑

 

一族や双子の一族は「華麗がいるからなんとかなる!」

と特攻隊要因になることが多い。

 

でも実は華麗な一族がかなり序盤に

とっくに死んでいることも少なくない笑

  • 告発→可能
  • 犯人に遭遇→殺害される
  • 他の部屋のアイテム確認→可能
客人

f:id:akidai61:20220406210147j:plain

屋敷に招かれて不幸にも屋敷での殺人ゲームに

巻き込まれてしまった客人。

夜は一回だけ部屋から抜け出して、他の部屋に行くことができる。

一族と同様に犯人側の告発ができる。

能力的には一族と同じで、しかも死んでも敗北にならないため、

とりあえず告発するなど特攻要因として扱われることが多い。

 

一族ではないのに、屋敷での殺人事件に巻き込まれ、

しかも一族側の特攻隊として使われるという

実は一番悲惨な役回りと言える 

  • 告発→可能
  • 犯人に遭遇→殺害される
  • 他の部屋のアイテム確認→可能
記者

f:id:akidai61:20220406213832j:plain

モブの一族に興味を持ち、取材に来て

屋敷での事件に巻き込まれてしまう。

犯人側の告発が可能である。

さらに回数制限なく、毎晩部屋を抜け出して

他の部屋に行くことができる。

毎晩移動できることが最大の武器である。

記者だとCO(カミングアウト)すれば容疑者候補を

減らすことができるが、

その分一族の部屋が狙われやすくなる。

黒医者(後述)がいない部屋では初日にCOして

進行役になることがセオリーになっている。

  • 告発→可能
  • 犯人に遭遇→殺害される
  • 他の部屋のアイテム確認→可能
召使

f:id:akidai61:20220405011238j:plain

モブに仕えていた召使。

夜に自分の部屋を抜けだして他の客室に移動できる。

その客室の部屋主が犯罪者かどうかを判断できる。

ただし、客室に移動した次の日は疲労で自室から動けない。

臆病な性格のため、犯人側の告発はできない。

共有スペースに行くことはできない。

告発できないというポイントを利用して、犯人側や第3陣営が

召使を騙ることも多い。

犯罪者を見つけたら次の日にCOして、犯罪者が誰だったか

報告するのがセオリー。

ただし犯人を見つけた次の日は動けないことがみんなにわかるため

犯人陣営に殺害されてしまうことが殆どである。

しかし、告発できる能力がないため、殺害されずに放置されること

よくある。(特に終盤で犯人側も余裕がない場合)

  • 告発→不可能
  • 犯人に遭遇→殺害される
  • 他の部屋のアイテム確認→可能

また、召使がいる部屋では犯人が初日召使に見られると

絶望的になるので、それを阻止するために

犯人は部屋にとどまることが多い。

 

元軍人

f:id:akidai61:20220406213148j:plain

夜に自分以外の客室を一つ選び、その客室を封鎖することができる。

その客室にはその晩誰も潜入できない。

よってその部屋の主が殺人犯であれば、その晩殺人は起こらない。

部屋主が襲撃されることもないので部屋主が死ぬことはない。

ただし封鎖した次の日、元軍人は自室から疲労で動けなくなる。

このことから元軍人は封鎖によって殺人犯が誰かを絞ることができる。

共有スペースには移動できない

他の部屋のアイテムを見ることができない。

 

殺人犯陣営にとっては非常に邪魔で真っ先に始末したい役職である。

特に犯人封鎖によって殺人が起きない→犯人が起きない

というパターンが一番こまる。

なので、まずは元軍人が誰かを絞って

さっさと襲撃するのがセオリー、

共有スペースに移動できない、他の客室のアイテムを

見れないことから元軍人が誰かを絞り込める。

  • 告発→可能
  • 犯人に遭遇→殺害される
  • 他の部屋のアイテム確認→不可能

 

私立探偵

f:id:akidai61:20220406185357j:plain

毎晩夜に部屋を抜け出して、他の部屋に移動できる

アイテムを確認してそれが犯人の凶器か特定できる。

毎晩、動けるうえに凶器の判定までできるので

記者の上位互換といえる役職である。

  • 告発→可能
  • 犯人に遭遇→殺害される
  • 他の部屋のアイテム確認→可能

殺人犯陣営にとっては非常に邪魔な存在。

探偵が凶器を見れば特定されてまうし、

それ以外のアイテムも凶器ではないことがわかるので

さっさと始末しておきたい役職である。

犯人側も凶器を探偵に見られないように必死で

凶器のある部屋に移動するので、

探偵が凶器を見つけるとその日に殺害されることも多い。

 

警部

f:id:akidai61:20220406213423j:plain

一度だけ告発に失敗しても、追放されないという

特権を持つ。

(ただし二度目の告発失敗で追放される)

しかも移動回数の制限がなく、毎晩移動ができる。

記者の上位互換と言える役職である。

  • 告発→可能
  • 犯人に遭遇→殺害される
  • 他の部屋のアイテム確認→可能

一度も失敗していない場合は、COせずに怪しい人物を

告発する(サイレント告発)をするのが常套手段。

失敗した場合は次の日に警部COして、

誰を一部告発するとよい。

誰が一部告発で追放できなかったかも情報になる!

 

ちなみに筆者が警部になると自慢じゃないが

一族運営を間違えて二人打って追放されることが多い。

 

ほんと自慢じゃねえなw

 

判事

f:id:akidai61:20220406210332j:plain

一度だけ、誰か一人を問答無用で追放する

「無差別追放」ができる特権を持つ。

未亡人がいる部屋では不可欠である。

ただし、犯人を無差別追放すると、判事の方が

追放されてしまう。

このことを利用して怪しい人物に無差別追放で

犯人を特定することも可能。

ただし、夜動けるのは一回のみのため

終盤まで生き残るのは難しい。

  • 告発→可能
  • 犯人に遭遇→殺害される
  • 他の部屋のアイテム確認→可能

犯人以外誰でも追放できるが、もちろん

一族陣営の最重要役職「華麗な一族」も

追放できてしまう恐ろしい役職である。

 

間違えて華麗を無差別追放したら

「ゴメンチャイ」しましょう。

 

マダミスの役職2
(殺人犯陣営)

殺人犯

f:id:akidai61:20220405010040j:plain

一族の命を狙う殺人犯。

毎晩客室や共有スペースに移動でき、

遭遇した人物を一人殺害できる。

ただし同じ部屋に二人以上いた場合

ランダムで一人が殺害される。

さらに入った部屋のアイテムと自分の部屋の

アイテムを交換することができる。

真相解明(犯人+凶器)が正解ならば追放される。

  • 告発→不可能
  • 犯人に遭遇→X
  • 他の部屋のアイテム確認→可能
連続殺人犯

f:id:akidai61:20220406212852j:plain

一族の命を狙う殺人犯。

毎晩二つの客室と共有スペースに移動でき

遭遇した人物を一人ずつ殺害できる。

殺人犯の上位互換である。

入った部屋のアイテムを自分の部屋のアイテムと

交換することができる。

真相解明(犯人+凶器)が正解ならば追放される。

  • 告発→不可能
  • 犯人に遭遇→X
  • 他の部屋のアイテム確認→可能

見た目が怖いので、自分がこれを引くとぎょっとする笑

悪者側の主役なので責任が重い。

あまりやりたくない役職ですね。

いないとゲーム成立しないけど。

 

共犯者

f:id:akidai61:20220406205946j:plain

犯人に味方するがお互いのことを知らない。

毎晩移動でき、部屋にあるアイテムを自分の部屋の

アイテムと交換することができる

ただし、犯人が誰か知らないし、犯人と遭遇すると

殺害されてしまう。

一部告発されると追放される。

  • 告発→不可能
  • 犯人に遭遇→X
  • 他の部屋のアイテム確認→可能

初日、犯人が誰かを当てて犯人の部屋に行き、

凶器を取り換えることをgj(グッジョブ)という。

 

愉快犯

f:id:akidai61:20220406205742j:plain

犯人に味方するがお互いを知らない。

毎晩移動でき、アイテムを確認できる。

ただし、犯人が誰か知らないし、犯人と遭遇すると

殺害されてしまう。

一部告発されると追放される。

  • 告発→不可能
  • 犯人に遭遇→X
  • 他の部屋のアイテム確認→可能

破綻してもいいので、とにかく嘘をつきまくって

かき乱すのが役割である。

殺人犯陣営では正直一番役にたたない雑魚であるw

そして役職の絵柄も全役職中、一番不細工なのである。

 

未亡人

f:id:akidai61:20220406205527j:plain

犯人に味方するがお互いを知らない。

毎晩移動でき、アイテムを確認できる。

殺人犯陣営でありながら、一部告発されても追放されない。

ただし判事の無差別追放では追放される。

さらに召使に部屋を見られても犯罪者ではないと

表示される。

ただし、一族の部屋に行き、一族の宝を見ると

昔の記憶を思い出し、犯罪者となる。

犯人と同じ部屋で遭遇しても殺害されない。

犯罪者となった後に犯人の告発が成功すると

犯人の身代わりで追放される

  • 告発→不可能
  • 犯人に遭遇→殺害されない
  • 他の部屋のアイテム確認→可能

殺人犯陣営でかなり強い役職である。

一族の宝を見るまでは一部告発でも追放されないし、

犯人に間違って殺害されることもないので

終盤まで生き残ることが多い。

序盤はステイか共有移動にして、

一族の宝を見つけないようにする。

そして殺人犯が真相されそうな状況になったら

一族の部屋に行き、宝を見つけておくのがおすすめ。

未亡人という役職だが、男性キャラクターもなれる。

 

余談だが「未亡人」という言葉はめちゃくちゃ差別用語ですよねw

 

だって

夫が死んでるのにまだ死なない人って意味ですよ・・・

 

女をなんだと思ってるのよ! (怒)

 

黒医者

f:id:akidai61:20220406210815j:plain

犯罪者か誰かを知らない

夜に誰か一人を選んで薬で眠らせることができる

眠らされた人物はその日、部屋から動けなくなり、

殺人犯が部屋に来ると殺害されてしまう。

その場合、同じ部屋の他のプレイヤーがいても

睡魔された本人が確実に殺害される。

ただし、軍人が眠らされた人か犯人を封鎖している場合、

殺害されない。

ただし殺人犯を眠らせることはできない。

また、部屋にいる殺人犯を選んだ場合、

黒医者が殺害されてしまう。

一部告発されると追放される。

  • 告発→不可能
  • 犯人に遭遇→殺害される
  • 他の部屋のアイテム確認→可能

同じプレイヤーを二度眠らせることはできない。

探偵、警部、記者などの多動一族陣営は

一度眠らされて生き延びたら、二度と眠らされないため

COすることが一般的である。

また、共犯者、愉快犯、未亡人などの殺人犯陣営は

黒医者に眠らされても。そのことを隠せば

黒医者に自分が味方=殺人犯陣営だと

知らせることができる。

 

初日に、最初にアイテムがあると報告したキャラ、

二日目に共有や客室でアイテムを見つけたと報告したキャラ

などを眠らせるのがセオリーである。

ただし、眠らせた相手を元軍人が守ってしまったり、

殺人犯は襲撃しなかった場合、

相手のキャラクターは薬が効かないある意味で無敵になってしまうため

誰にいつ薬を使うかは注意が必要である。

 

知的な共犯者

f:id:akidai61:20220406210430j:plain

殺人犯は知的な共犯者を知らないが、知的な共犯者は

殺人犯が誰かを知っている。

毎晩移動でき、部屋にあるアイテムを自分の部屋の

アイテムと交換することができる

ただし、犯人と遭遇すると殺害されてしまう。

一部告発されると追放される。

  • 告発→不可能
  • 犯人に遭遇→X
  • 他の部屋のアイテム確認→可能

犯人が誰かわかっているで、

初日に確実に犯人の部屋に行き

凶器をすり替えることが可能である。

 

ただし自分がスタート時に凶器候補のアイテムを

持っていることもある。

その場合は、アイテムを客室か共有スペースに捨てる

もしくは犯人の凶器と取り換えるべきである。

 

まとめ

この記事ではスマホゲーム マーダーミステリーJ

殺人犯はそばにいる の概要と役職(一部)をご紹介しました。

無課金でも遊べますし、めちゃくちゃはまります!

ぜひやってみてくださいね!

 

まだマダミスJの全部の役職は紹介できていませんが、

今度にしておこうと思います!

 

マダミスJ 第3陣営に関する役職と立ち回りについては

以下の記事で開設しています。

 

money-animation-dorama.hatenablog.com

 

 

 ランキングに参加中。

下のバナーをクリックして応援お願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村