money-animation-dorama’s blog

漫画、アニメ、ドラマなど紹介します

手塚治虫「ブラックジャック」の神エピソード「おばあちゃん」あらすじネタバレ

手塚治虫の描いた無免許の天才外科医の活躍を描いた

漫画「ブラックジャック

 

その中でも屈指の名作と呼ばれるエピソード

「おばあちゃん」について紹介したいと思います。

 

何年も前に漫画で読みましたがあまりにも名作過ぎて

忘れられません。

 

この記事はブラックジャック本編のネタバレを含みます。

 

ネタバレ見たくない人は読まないでくださいね。

 


 

 

ある老婆がその息子の家族と一緒に暮らしている。

老婆はけちんぼでいつも息子にお小遣いをねだってくる。

 

なにかプレゼントしたいとか、一緒においしい物でも

食べようと息子が言っても、

「物はいらないからとにかく金をくれ、小遣いをくれ」

とせびるのだ。

 

そんなお金への執着が強い母親を息子は常々苦々しく思っていた。

 

老婆が出掛けるとき、息子はお金を何に使うのか知りたくなり

尾行してみることにした。

 

息子の母親が向かった先は病院だった。

実は息子は赤ん坊のころ病気で生死の境をさまよう

大手術をしたのだった。

 

 

担当した医師は名医だったが、手術料として莫大な金額を要求した。

母親は「それでも息子の命には代えられない、その手術代は

自分が生涯をかけて払う」と約束した。

そして今日まで、その約束を守り、息子からもらえる小遣いも

義理堅く全部この病院への支払いに充ててきていた。

 

担当した医師はとっくに亡くなっており、その医師の遺族からは

「もうお金は持ってこなくていいですから」と言われていた。

 

その話を尾行して聞いていた息子は

母親の自分への強い愛情を知り号泣する。

 

そんなとき、その母親が倒れてしまう。

急病でとても危険な状態になってしまった。

そこに偶然居合わせたのが天才外科医ブラックジャック

 

 

 

 

ブラックジャックは息子に問いかけた。

「普通の医者なら助けられないぜ。

でも俺が執刀すれば数%の可能性はある。

だが、俺の手術代はとんでもなく高いぜ。

あんたに払えるのかい?」

 

すると息子はまったく迷うことなくこう答えた。

「い、いいですとも

一生かかってもどんなことをしても

払います!

きっと払いますとも!」

 

ブラックジャックはその言葉を聞くとこう言った。

「それが聞きたかったんだ。」

 

 

何度読んでも泣けるいい話!

 

最後のブラックジャックの言葉

「手術費をちゃんと払うんだろうな」という

意味ではないんですよね。

 

なりふり構わず母親を救いたいと願う

息子の必死な姿を見たかったのです。

 

ブラックジャック自身は幼いころ、

悪党に爆弾をしかけられて母親を亡くしています。

その事故の影響でブラックジャック自身も

生死の境をさまよい、おなじみの継ぎはぎの

醜い顔になったのですが。

 

そもそも

ブラックジャックが無免許で外科医を

続けている一番の目的は

母親の事故死の原因を作った者たちへの復讐なのです。

 

だから、このお話で母親を助けようと願う息子に

強い感情移入をしているのです。

 

この後、手術が成功して母親が助かったのかどうか

までは描かれていませんので不明です。

 

助かっていてほしいですね!